スタッフインタビュー3~海老原さん~

入社10年目・ホテル内レストラン店長の海老原先輩のインタビュー

ホテルイースト21勤務  海老原 寛之

「料理がおいしいのは大前提の話 より高みを目指すならもっと勉強が必要」

「料理がおいしいのは大前提の話
より高みを目指すならもっと勉強が必要」

業務内容について教えてください

私はホテルイースト21の社員食堂の店長として、店舗のマネジメントを行っています。従業員が6名と少数の店舗ですが、メンバーの教育や料理の品質・衛生管理をすると同時に、私自身も調理場に立って腕を振るっています。料理は当然ながら味が良いことが大前提です。マズいとダメですからね。なので、管理者の立場ではありますが、作ることをメインとしています。今後も自ら厨房に立つスタイルでこの仕事を続けていきたいと考えています。

仕事をしていてやりがいに感じる点を教えてください

常にもっとおいしい料理をご提供したいという気持ちで仕事をしているので、お客様からクレームをいただけるのもまたうれしいことです(笑)。ピンチはチャンスではありませんが、お客様のご意見を真摯に受け止めてより良い料理をお出しできれば、店舗としてはプラスといえるでしょう。また、店長が献立などを自由にアレンジもできるので、いろいろな料理の研究を広く浅く行っています。自分の裁量に何でも任せてもらえる点にもやりがいを感じています。

給食事業を営むうえで重要なことは何ですか?

料理がおいしいことが大前提だと思います。やっぱり出した料理で店が評価されるものなので、その点は極めていきたいです。店長をやっていても先輩からは常に「勉強しろ」と怒られています(笑)。自分自身が食べたことのない味は、再現することができませんからね。色々な料理を食べて味を研究し、そしてお客様目線のサービスに徹する……それが給食事業を営むうえで重要なことだと思います。

「自分の意志を貫ける社風だから やりたいことを実現できるチャンスが多い」

「自分の意志を貫ける社風だから
やりたいことを実現できるチャンスが多い」

CSSグループの強みは何ですか?

グループ会社同士で1つの現場で協力し合える点は、ものすごい強みだと思います。うちの会社でもスチュワード業務をやるのですが、やっぱり専門は料理なもので。株式会社セントラルサービスシステムと組むと食器の洗浄などの作業が驚くほど手際が良く、脱帽ものです(笑)。しかも細かい指示なしに、食器の洗浄など望む作業を完璧にこなしてくれます。お互いをよく知っているグループ会社だからこそ、スムーズな作業が可能になるのだと思います。

また、うちは役員の方の気持ちが若く、上昇志向が強いのも特長です。取締役などの上層部がアツい人だと、ついていく部下も自然とアツくなってしまうものですよね。

CSSグループに入ったきっかけを教えてください

アルバイトで働いていたことが入社のきっかけとなりました。うちは店長になるといろいろな裁量を与えてくれるので、「店長になって自分の好きな料理を極めたい」と思って正社員になりました。現場の料理に関して一任してくれる環境は、私にとってはまさに天職です。

自身が会社とマッチしていると思った点は何ですか?

今でこそ店長なので、自分の意志を貫きやすい点ですかね。自分の思い通りに仕事ができるので、嫌になることが一切ありません。店長になるまでは上の指示を受けなければならず、自由がなく大変な時もありました。だけど今は違います。また、上層部は店長クラスの意見でも発信すれば聞き入れてくれることもあり、自分の意志で会社を変えられるチャンスがあります。他の会社に比べて、自分の思いを実現しやすい環境こそが私と非常にマッチしている点です。

「“ありがとう”と感謝される仕事ってうれしい 常にお客様の視点に立って料理を提供し続けたい」

「“ありがとう”と感謝される仕事ってうれしい
常にお客様の視点に立って料理を提供し続けたい」

今までで一番の失敗談をお聞かせください

一番良くなかったことは、部下のミスを店舗でお客様の前で叱ってしまったことですね。店長の立場としてミスを指摘する必要はあったのですが、時と場合を考えるべきだったと反省しています。お客様には最悪の印象を与えてしまいました。そうした悪いイメージを払しょくするのは並大抵のことではありませんからね。ただ、“失敗こそ財産”だと考えていますので、これを教訓にお客様が喜んでくれるサービスを考えていきたいです。

今後、会社で成し遂げたいことは何ですか?

私は今の店長のポジションをさらに極めていきたいと考えています。管理職を目指して昇格・昇進するよりは、常に現場に立ち続けたいです。毎日、現場で必死になって働くことでお客様に少しでも喜んでいただく……そんな働き方をこれからも続けていけたら最高ですね。

CSSグループを志望されている方に向けてメッセージをお願いします

CSSグループを志望されている方に向けてメッセージをお願いします

「お客様に感謝される仕事をしたい」という方に来てもらいたいですね。今後、会社がさらに大きくなったとしても、サービスはお客様のためにあるべきです。その本質が変わることはありません。常にお客様の視点で物事を考えて行動できる人、そして、お客様に感謝される仕事を目指して頑張れる志を持った人と、私は一緒に仕事がしたいです。

※本ページのインタビュー内容は2016年当時のものです。